wataru1980

アクセスカウンタ

zoom RSS クリスマスは生き死にの分かれ道!?

<<   作成日時 : 2006/12/08 12:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

皆さん御存知ですか?コレ!

画像


いまじゃこういうのがあるんですね・・・こどもが飲むものなんて。時代が変わってきましたね。昔ながらのシャンパンではなくて、しゃんぽんです。こどもののみものです。

昔のクリスマスってみなさんはどんな思い出がありますか?
アメリカのように七面鳥で・・・なんてのは極少数だと思うので。最近じゃ彼氏彼女と〜なんてなっちまいますが、その昔、子供の頃ってどんなクリスマスを過ごしてきましたか?

自分の思い出といえば、家族どころか親戚までまできてた・・・今考えると忘年会!?って気もするけど、西洋のクリスマスって感じはしなかったです。すしに酒とか、子供だったのでもっぱらオレンジジュースかウーロン茶。これはある意味王道ですけど、シャンポンなんて存在を知ってたら、寂しくなったでしょうね。
今の子にはシャンポンでかんぱいなんてすると、大人と一緒に飲んでる気分になりますよね〜しかも子供ちゃんは元からテンション高いから、醉った大人と丁度いい勝負なんじゃないかと。でもはしゃぎすぎた子供の方がたちが悪くて手が付けられない時もありますけどね。

最近やたらとこどもが親を刺しただのなんだのと物騒なことが起こってますが、原因は勉強のことなんだとか。自分が出来なかったものを、自分のDNA持ってるわが子が出来るわけないのに。無理強いはいかんですよ。蝦の子は蝦。変えることは出来ませんよ。
そういう時こそこういうので忘年会っぽくてもいいので家族でぱ〜っとやって普段の鬱積したものを吐き出しあいませんか?大人だってそうしないとやってけないんですから。

他にもビールタイプやワインタイプなんてものもあるなんて・・・これはもう飲むしかないでしょ!
画像画像

こういうのを一緒にあおってコミュニケーションしとかないと、やっぱ楽しくなきゃ。子供だっておんなじで楽しさがないと辛くてやってけないと思いますよ〜それを思えば、自分のとこはいつも厳しい父親でも楽しくご飯は食べてたし、ぐだぐだなクリスマスかもしれないけどみんなでワイワイ楽しかったのは覚えてるな〜だから親にムカつくことはあっても嫌いにはならなかったな!人間さがあった。
今の刺される親ってなんなのだろうね。完璧を求めてるのかね〜この前までトイレに行く事も満足に出来なくて寝ションベンたれてるわが子に何を求めてんだかね〜まったく。でも刺した子に「最近の子はわからないよね〜」って言ってしまうのはかわいそうで、親にも刺されるだけの理由があると思う。
所詮お馬鹿さんな子供達なんだから、その場から逃げ出せる術なんてないし、思いつくのが衝動に駆られた自殺か刺すことぐらいのものですよ。そこまで追い込んでしまった親も悪いですよ。
もし自分だって学校とか公園とか遊び場以外にテリトリーが少なくて、追い込まれたら・・・刺しちゃうのかな?確か1度だけ「家出だ〜」とかいって公園のベンチに逃げたことはあるけど。子供ってそんなもんですよ。お金ないし、生きてく術を知らないし。女の子なら、彼女を囲う彼氏だの金で囲うおっさんだのってのがいるかもしれないけど、普通の感覚の男の子女の子ならどこへも逃げ道はないですよ。我が家が逃げこめる場所なんだし。そこに逃げ込んだと思ったら、そこが地獄への始まりだったなんて、流行のホラーじゃないんだし。

そうならないためにも色んなストレスの吐き出し方を教えてあげないと。まあ、こんな親だから自分も我慢することしか知らないのかもしれないけど。一緒にお笑い見て笑うのも良し。キャッチボールでもボーリングでもなんでも一緒に身体動かすのも良し。「オレは酒をあおることしか知らないんだ〜」っていうなら一緒にあおるのも良しなんじゃないですか?

今、発売元のサンガリアでは”【写真のテーマ】みんなで楽しくかんぱい”てので写真コンテストをしてるみたいです。これで自分たちの愛情を高めてみては?いいスキンシップになりますよ?
詳しくはwebで。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
お笑い
お笑いはおもしろいですね。 ...続きを見る
貸し店舗で商売しています
2006/12/08 15:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クリスマスは生き死にの分かれ道!? wataru1980/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる